LYRICS

マンション

 

生まれ育った場所に

自宅6階のマンションから

思い出を唄っていた

誰に届くはずもないのに

 

自宅6階のマンションから夢のために

離れます

途端にそこにあったものや、父と母が恋しくなる

 

夢は叶うか分からないのが夢

たとえ舐められても、笑い者になっても

前に進む事でしか、分からないものがあるんだよ

 

マンションの一つでも買えるようになって

共に歩みたいという人がそこにいたとして   

例えばそれを夢と読み、一つの命になった時

初めて自分が貰った愛に気づくのだろう

 

自宅6階のマンションから

東京小田急川沿いの町まで

バイトに明け暮れてるだけ

でも、大丈夫僕はここで生きていくよ

 

マンションの一つでも買えるようになるまで

両親の苦労でも一つ理解したとして

自分以外の誰かの夢に投資出来る程

大きな人になれるのは、まだ遠いけど

 

自宅6階のマンションに

正月元旦の日ぐらいは  

笑える話を一つと、つまらないお土産を持って帰るよ

 

マンションの一つでも買えるようになって

共に歩みたいという人がそこにいたとして

例えばそれを夢と読み、一つの命になった時

初めて自分がもらった愛に気づくのだろう

 

厳しさの中でも、笑う

仙台 (2nd Mini Album "仙台"収録)

仙台の空に手を挙げた手を挙げたんだ
白くそれは白く君のように綺麗な空
昨日の大失態を、大人になった時に笑い話に変えたいな
深呼吸してほら自分を励ましたなら
後悔は後回しでも良いだろう
君を尊敬しているよ、この街を出て行く事にも、夢に向かっていく事にも
自分で決めて進む道 楽しみながら歩んでいる
その心いつでも忘れない
仙台の空に夢を歌った夢を歌ったんだ
青くそれは青く少年の夢まで響いた空
仙台の空に夢を歌った夢を歌ったんだ
青くそれは青く君のように優しい空
堕落したいくつもの日々を取り返せたらと僕らは願うけど、
今はそんな時でさえもダメだよって叱る
素敵な人とこの街で出会えました
君を尊敬しているよ
人を愛するという事を教えてくれたね
今はどんな国へ行きどんな人と関わろうと感謝する喜びを忘れない
仙台の空に手を挙げた手を挙げたんだ
白くそれは白く鮮明に記憶に残った空
仙台の空に手を挙げた手を挙げたんだ
白くそれは白く君のように綺麗な空
昨日の大失態を大人になった時に笑い話に変えたいな
山積みの教科書を両手に持って
思い出を胸に
いつまでも胸に忘れない
仙台の空に手を挙げた手を挙げたんだ
白くそれは白く鮮明に記憶に残った空
仙台の空に夢を歌った夢を歌ったんだ
青くそれは青く君のように優しい空
三月の風に耳を澄ませた (2nd Mini Album "仙台"収録)

何もかも無くした三月の風に耳を澄ませた
僕はただ泣いてた 懐かしい花唄を唄いながら
君のことを思い出しながら

嫌いな事 後回しにして
言いたい事 言わないでいると

自分さえも見えなくなるよ
クズみたいな人間になるよ
大切なひとさえ泣かせてしまうよ
それでいいの? 気が付いたらもう手遅れ

何もかも笑えた懐かしい日々が遠ざかっていくよ
僕はただ泣いてた 自分の無様さに、無様さに
無様な男だよ 無様な男だよ

それでも歩かなくちゃいけないんだ
ヘタクソな歌唱わなきゃいけないんだ
せめて僕が僕でいれるように
非常識な道を泥臭い道を

目の前が真っ白だったら
やりたいこと見つけられないなら
これから何にでもなれるよ
何もかも目指すことができるよ

何もかも無くして三月の風に耳を澄ませた
あの頃の僕はもういないよ、もういないよ
君のことを思い出しはするけど  もういないよ

嫌いな事 後回しにして
言いたい事 言わないでいると

自分さえも見えなくなるよ
クズみたいな人間になるよ
大切な人さえ泣かせてしまうよ
それでいいの?いいわけないでしょ

何もかも無くした三月の風に耳を澄ませた
僕はただ泣いてた懐かしい花唄を歌いながら
何もかも無くして三月の風に耳を澄ませた
あの頃の僕はもういないよ、もういないよ
STYLE (2nd Mini Album "仙台"収録)

真っ赤な目をしてどうしたの?
どうしたの?
真っ赤な目をしてどうしたの?
どうしたの?

俺はスタイルを変えたとうに飽きていた
この感情と戦っていくのも生きるのも
苦しみを耐えるだけの世界に生きてみても可哀想と言われ

常識は視野を狭めて行くだけで
逆らえば笑い者

真っ赤な目をしてどうしたの?
どうしたの?
真っ赤な目をしてどうしたの?
どうしたの?
それで良いんだよ、悔しいならもっとやれよ
それで良いんだよ、そのスタイルは変えないでくれよ

例え全てが敵に思えても真っ赤な目を怒りに変えよ

真っ赤な目をしてどうしたの?
どうしたの?
真っ赤な目をしてどうしたの?
どうしたの?
それで良いんだよ、悔しいならもっとやれよ
それで良いんだよ、そのスタイルは変えないでくれよ

涙を拭いて
ループステーション (2nd Mini Album"仙台"収録)

回り回った次は私の番になりまして
やりたくない事もやらなくちゃいけない時間になりました
「週末の花火は良かったよね、夜のセックスも良かったよね。」
最高だった休日は退屈な日々に変わります

聞きたくない上司の愚痴を聞き
愛想笑いも達者なもんですよ
ストレスを何に変えよう
君といる時間だけが幸せ

ループステーション ループステーション

平等に時は流れ輪廻転生の中で
僕は何をこの世界に残していけるだろうか
夢、現実、理想、幻想
何を選ぶかは自分次第なんだって

聞きたくない上司の愚痴を聞き
愛想笑いも達者なもんですよ
最低すぎて最高です
(俺はこんなとこにいられねぇよ)

ループステーション ループステーション

ループステーション
たった一度の後悔も変えられないよ
ループステーション
最低な安定の日々から抜け出して
愛の行方 (2nd Mini Album"仙台"収録)

泥んこになった愛の行方
ささくれたった古びた心が
忘れてしまった大切な事を
また思い出して続いていく

またあなたを信じてみる
またあなたを包んでみる
また傷付いても良いと思えるのは
確かに君を愛してたから

臆病だった僕に嫌気が差して
無くしてしまった君の恋心
悔しさもぐっと堪えるしか無かったか
今ならもっと上手くキスしたな

また私に愛をくれる
また私に身を委ねる
またここに戻ってくれたのは
確かに君も愛してたから

泥んこになった愛の行方
喉に詰まった溢れる思いを
言葉にできずに雨を降らすのなら
もういっそ、一緒にいようか

もういいかい?もういいかい?もういいかい?
もういいよ。もういいよ。もういいよ。
僕の方こそごめんね、君の愛を感じてるよ
世界で一番優しいキスを
My puppy My mom (8/27発売シングル収録)

禁じられた遊びなのに、つい手が出ちゃう言われれば言われるほど
欲望を抑えきれずに自分に負けた哀れな男ここに
一人で解決は出来ない誰か助けてよ自分以外の人も巻き込んでいって
天国を見たら地獄も見なさいよ
そうなる前に大切な人の話を

Ah〜ah ah ah

My puppy My mom
無償の愛で育ててくれたんだね
My puppy My mom
無償の愛を傷つけてごめんね
My puppy My mom
Sadness
そんなふうにして後悔するなら
止めなきゃね

Ah〜ah ah ah
相対 (8/27発売シングル収録)

相対の中でしか生きれないなら、それほどつまらない事はないだろう
美しいものも老いてゆき、汚れたものも変わってゆく
足りないものがあって完全を知る、完全を知って何も無いことに気付く
でも結局この相対を作ってるのは、その間に生きる全てのもの

君がここで息をしている
なんで、、、、
君がここで息をしている
なんで、、、分からないなんて言うなよ

上も下も、善人も悪人もいない
優しければ優しい程に誰かを傷つけてしまうのなら
君はもう気取ったりしないで歩いてよ

相対の中でしか生きれないから、見えなくなるものがある
君がここにいるのは、意味も価値もあって生まれたから

君がここで息をしている
なんで、、、、
君がここで息をしている
なんで、、、分からないなんて言うなよ
BAD LAND (8/10発売シングル収録)

全てはきっと上手くいく 争いも無く進んでく

そう思ってずっと歩いたけど 楽園は見えないね

 

あぁ、まるで望んだかのよう

作られたセリフを読んでるだけ

何が正しいか間違ってるかは

魚の目にも見えるだろう

 

見えなかっただけ、聞こえなかっただけ

そうやって人は問題を放置してる

その愛想笑いを拳に変えて

Bad Landに革命を

 

I believe 誰もかもが頭の中に考えを持っていて

But can't say 何かの圧力のせいにして自分を殺してる

 

あぁ、まるで望んだかのよう

作られたセリフを読んでるだけ

何が楽しいか苦しいかは

鳥の頭にも分かるだろう

 

見えなかっただけ聞こえなかっただけ

本当か?本当か?本当か?

そうやっていつまでも笑っていればいいさ

bad land bad land bad land

革命は起きないね

 

あぁ、まるで望んだかのよう

作られたセリフを読んでるだけ

何が正しいか間違ってるかは

お前の目にも見えるだろう

 

見えなかっただけ、聞こえなかっただけ

そうやって人は問題を放置してる

その愛想笑いを拳に変えて

Bad Landに革命を

あの季節 (8/10発売シングル収録)

分かってる分かってる

だけど僕の中のもう一人が

君を探してるいけないね

愛してる愛してる

だからこそ泣けたし笑えたし今では

何もかもに感謝してるよ

 

君を見つけたあの春も

嫌いになったあの夏も

迷い続けたあの秋も

愛したあの冬も

全部全部忘れないから

ずっとずっとこの胸の奥でほら

抱きしめてるよ

 

離れ離れになっても

くそったれのこの世界に

あの季節を歌ってさ

君に届きますように

 

分かってる分かってる

だけどそれがどうしようもなく苦しくて

だけど愛してるそれだけで全部

ただ一つ僕の歌これから先も聴いていてくれないか?

それだけで全部救われんだよ

 

生きる意味を探す事に

不安になっていた頃に

君が喜んでくれたんだよ

だから前を向けた

全部全部覚えているよ

君は今も僕の歌を聴いてくれてるかな

 

離れ離れになっても

素っ気ないこの世界に

あの季節を歌ってさ

君が喜びますように

 

季節ごとに生まれた思い出を

一つ一つ描いていくから

もしも君を忘れてしまっても

この歌が残ってるよ

 

分かってる愛してる

だからこそ泣けたし笑えたし今では

何もかもに感謝してるよ

 

離れ離れになっても、、

離れ離れになっても、、

夏の訪れ (8/10発売シングル収録)

寂しさを埋めるだけ

そんな風にあなたを思っていたよ

それが君との始まり

守れない約束を大丈夫なんて言った僕の罪

 

離れて知る左手の冷たさ

行き場の無い悲しみの行方を

導いてよ

 

あなたがいて 夜を越えて

あなたがいて 知った痛みは

あなたによって また癒えてくから

あなたに何度も会いたいと思った

もう、さよならだね、泣かないでね

梅雨終わりの夏の訪れが今

 

憂鬱な日常が

少し色どればとおもったよ

ごめんね、今では君のような優しい人に

また出会えるか不安だよ

 

ヒグラシ鳴く意味を思えば

あなたの事思い出しまう

この頃です

 

あなたがいて 夜を越えて

あなたがいて 知った痛みは

あなたによって また癒えてくから

あなたに何度も会いたいと思った

もう、さよならだね、泣かないでね

梅雨終わりの夏の訪れが今

 

あなたの事呼んでいるこの心を知ったかのように

泣かないでよ泣かないでよ

 

不機嫌な毎日を

笑って過ごせればと思っているよ

今は一人カナカナと鳴く蝉の声を聞いてるだけ

 

あなたがいて 夜を越えて

あなたがいて 知った痛みは

あなたによって また癒えてくから

あなたに何度も会いたいと思った

もう、さよならだね、泣かないでね

梅雨終わりの夏の訪れが今

帰り道 (4/26発売シングル収録)

新しい出会いが ありました
少し懐かしい 花の香
去年の春は 僕から思い出を
連れ去って行った だから何も

寂しさに慣れすぎて ちょっと老けた
その分優しさに 敏感になれた
「あなたちょっと、心配しすぎなんじゃないの。」
くらいが僕には ちょうど良いんだよ

今までの僕に さよならバイバイ
生まれ変わって 君に会いに行くよ

※1だって何も もう何も
無くしたり 離したり したくないから
次の春は 今年の桜は
大切な人と 見たいんだよ※


行き詰まってしまった 僕の歌は
君に恋をすると 輝き出す
寂れたいつもの 帰り道にだって
幸せがほら こぼれ落ちる

※2だって何も もう何も
無くしたり 離したり してないから
次の春も 来年の桜も
一人で泣いたりして 見ないから※

今までの僕に さよならバイバイ
生まれ変わって 君に会いに行くよ

※1※2

カラー (4/26発売シングル収録)

真っ白な紙に 嘘つきな色を塗って
それだけじゃすぐに バレてしまうから 背景も塗る

そうやってついた 嘘の数だけ
また塗って また塗って また塗って

カラー
大ほら吹きの僕は 鮮やかな色で汚れた
カラー
悲しみを隠すたび 塗りつぶされてしまう


それじゃあもう きりがないから 止めにしよう
誰しも誤魔化そうとしている 出来やしないのに

カラー
大ほら吹きの僕は 鮮やかな色で汚れた
カラー
悲しみを隠すたび 塗りつぶされてしまう

きれいな色のふりを…
しているだけ…

カラー
もう止めよう もう止めよう
カラー
終わりにしよう 終わりにしよう

明日晴れたら (4/26発売シングル収録)

空にだってさ 泣きたい日はある
僕と違うのは 素直に涙を流す事
太陽が眩しい 真っ暗な宇宙を突き抜けて
今日も僕に光をくれる きっと孤独なんだろうけど

皆みんな、あなたのように 生きていける訳じゃないけど
きっと明日も 明後日も あなたの光を待っている

明日晴れたら 昨日出来なかった事を
やってみようかな 言えなかった事も言おうかな
明日晴れたら 君に言おうかな

明日雨かな 明日雲が出ちゃうかな
明日晴れかな 明日青空かな

空にだってさ 照れくさい時はある 僕と違うのは
僕のように 同じ日を 繰り返さなかった事

青空に染まれ 燦々と晴れ渡れ
昨日できなかった事も 言えなかった事も
さぁ、今 いま
明日晴れたら 君に言おうかな


照明のかざす場所 (1st mini Album収録)

歩いても歩いても景色が変わらないから僕は走り出す
唄っても唄っても誰も聴いてくれないから僕は叫び出す

僕を呼んで、僕を求めて、僕を愛して、ねぇ君は分かってるんだろ?

照明のかざす場所 間違ってるだろ
嘘つきな歌を唄う人に向けないで
きっと息苦しいこんな世の中じゃ
君の聞きたい歌も聴けないね

Passion to have of you and me
So as not to born out, I fight

走っても走っても進んでいるのかさえも分からないよ
叫んでも叫んでも誰が聴いてるんだよ、君は聴いてくれてるかい?

ねぇ、ねぇ、ねぇ

いっそ思ってもしない事を歌ってみようか
君との思い出がこんなにも美しい音奏でてるのにね
世の中になんて期待することもないね
そうか、そうか、そうか

僕を呼んで、僕を求めて、僕を愛して、ねぇ君は分かってるんだろ?

照明のかざす場所 間違ってるだろ
嘘つきな歌を唄う人に向けないで
きっと息苦しいこんな世の中じゃ
君の聞きたい歌も聴けないね

Passion to have of you and me
So as not to born out, I fight

間違ってるだろ、間違ってるだろ


again (1st mini Album収録)

I said the same thing many times
But you do not understand
I have been discribed many times
But you do not understand

Misunderstanding you are wrong

Tomorrow morning
Are you forgave me?
Tomorrow night
Can you pick me?

Misunderstanding you are wrong

※again again talk to you
again again No next※

何もかも諦めること、それは簡単だけど
まだ君を信じていたいのよ
誰よりも分からず屋の君に最後に一度チャンスをあげるよ

Misunderstanding you are wrong
Misunderstanding you are wrong

※Repeat

Misunderstanding you are wrong
Misunderstanding you are wrong
Misunderstanding you are wrong, you are wrong, you are wrong

※Repeat


goodbye my yesterday (1st mini Album収録)

goodbye my yesterday


男女の物語 (1st mini Album収録)

どちらかと言うと僕は 真っ直ぐに歩ける人だと思う
だからくねくね歩く君の手を優しく 時にはしっかりと引っ張ってあげるね
どちらかと言うと僕は根暗な部分もあってとても寂しがりやです
それでも歩く僕の姿はとてもみじめ でもほら歩いてる事は事実
どちらかと言うと君はとても悩んで考え抜いて答えを出す人だね
だから僕がバカな行動を取ったら教えてね ちゃんと話を聞くからさ
どちらかと言うと僕らは友達ってより付き合ってるように見えるかもね
多分お互いに好きって思ってる 多分お互いにそれを知ってる

焦れったいその距離に慣れた男女の物語
とても辛いでしょうね、とても苦しいでしょうね
大人になってそれぞれ別な人と結婚して
子供産んで幸せに暮らせる訳がないだろ

だから言って言って 真っ直ぐに言って言って
あ、だけどプロポーズの言葉はしっかり悩んで考え抜いて言うんだよ
もうすぐそこに二人のハッピーエンドが見えてるよ
大切な人に大好きな人に愛してる人に言ってあげて
もう、待ち合わせの時間が来たからさ駅に向かうね

言って言って愛の言葉 言って言って
言って言って愛の言葉 言って言って
真っ直ぐに言って愛の言葉 真っ直ぐに真っ直ぐに
しっかり悩んで考え抜いて言って言って愛の言葉
言って言って言って行って

どちらかと言うと思い出は切ない方が多かったりするんだけどさ
だから優しい時間が暖かく感じる そうでしょ それでいいでしょ
僕はそう思う


seventeen boy (1st mini Album収録)

17の少年は学校にも行かずに 午後2時に目覚めて自転車に乗った
大人の真似して仕事をしてた 友達がいなくて涙こらえてた
17の少年は法律も守らずに 午前2時に帰る 自転車で一人
セックスも知らずにお金も無かった 17の少年はそれでも今を愛そうとしてるんだ

だから大人達よ 黙ってろ
だったら大人達よ 何をしてきたんだよ
だったら大人達こそ夢を持てよ
seventeen boyを傷つけないでおくれ
おくれよ

寂しさも孤独も少年は歌った するとどうだ、立ち行く人がその歌を聴いてくれてる
少年は歌った歌い続けた 仕事帰りの夜道を自転車をこいで一人 笑ってた


なぁ、黙ってろよ なぁ、何をしてきたんだよ
なぁ、お前達こそ夢を持てよ

17の少年は僕さ、17の少年は僕さ


ルーズリーフ (1st mini Album収録)

君が笑ってくれた それ以上何もいらなかった
今どこで何をしていますか 僕の歌覚えていますか

なんども書き直した歌 結局気に入らなくて消した
消しゴムが小ちゃくなっていった ルーズリーフは残り一枚だった
君の事考えていた、別に好きな訳でもなかった
最近寂しそうだったから 歌を唄ってあげたかった

君の好きな歌に似せて作ってみようとした
でも、出来上がったのはこんなダサい歌になってしまった

それでも君は笑ってくれた こぼした涙ぬぐって言った
「こんな私でも、未来願っていいの」今までにない笑顔見せて
人にバカにされたって 自分だけは疑っちゃいけないよ
どんなことでも頑張れる姿輝いて見えるんだよ

まだ咲かない花って言うけど、焦っちゃダメだよ しっかり根を張って
寒くてしぼんじゃった日には歌という水そそいであげるよ

いつしか僕ら励まし合えるようになったけど
お互いの道のりは違うって最初から分かってた

こんなしょうもない男に限って 大切な人好きになってしまうの
君と出会えた事 僕を変えてくれた、僕はどんな存在になれたのでしょう
伝えたい思いがある前に君の幸せ願ってあげること
それが本当の男ってやつだろう なんでだろう こぼれる涙は

何度も書き直した歌 結局気に入らなくて消した
消しゴムが小ちゃくなっていった ルーズリーフは残り一枚だった

君が笑ってくれた それ以上何もいらなかった
今どこで何をしていますか 僕の歌覚えていますか